トップ > 事業内容 > 地域冷暖房管理

事業内容

地域冷暖房管理

オフィスビルを中心とした高層ビルや地域全体で、環境保全や資源の有効利用を目的に社会インフラとして生まれた「地域冷暖房システム」や「コ・ジェネレーションシステム(ESCO)」の適正な稼動状況を保つために、専門知識と技術を駆使したオペレーション業務を行っております。今後も地域冷暖房施設管理のリーダー企業として、お客さまからの信頼と環境保全への貢献を目指し日々努力してまいります。

地域冷暖房事業

地域冷暖房施設はビルの中で空調等に利用される熱源(蒸気、冷水)をボイラー、冷凍機等で製造し、周辺のビル群に供給しています。地域冷暖房は、その公共的な役割から、安定供給のための運転管理が重要視されています。弊社では、都内各エリアの地域冷暖房施設のオペレーション業務を受託しています。


名称 設備規模
冷凍機(RT) ボイラー(t/h)
明石町地域冷暖房センター 6,400 48.00
紀尾井町地域冷暖房センター 4,350 22.80
日本橋地域冷暖房センター 6,800 34.2
東銀座地域冷暖房センター 1,800 21.6
汐留アーバンエネルギーセンター 17,826 64.40
鰍cHC東京エネルギーセンター 2,450 26.40
広尾地域冷暖房センター 2,100 10
赤坂地域冷暖房センター 3,600 30
新宿西口地域冷暖房センター 7,800 39.00
東京オペラシティ熱供給プラント 9,010 46.00
立川熱供給センター 7,430 38.00
多摩地域冷暖房センター 750 84.60
聖マリアンナ医科大学

エネルギーセンター

1,930 16.5
帝京大学付属医学部

エネルギーセンター

3,927 20.5

 


ESCO事業

「ESCO」は‘Energy Service Company‘の略称で、省エネルギーの提案、施設の提供、維持・管理等、包括的なサービスを行う事業のことです。  「ESCO事業」は、こうしたサービスを提供し、お客さまの利益と地域環境の保全に貢献するビジネスで、省エネルギー効果の保証等とともに、お客さまの省エネルギー効果(メリット)の一部を報酬として受け取ります。


ページトップへ